薄毛で悩んだことがない人への告白

薄毛で悩んだことがない人への告白について書いています。

薄毛、M字はげ、脱毛で何が一番困るのかというと、他人からの視線です。

髪の毛が薄い人というのは、他人から特別な視線で見られてしまうのです。

これは、かなり苦痛を伴うことで薄毛であることの大きな悩みのひとつになっています。

他人からの視線で特に厳しく感じられるのは、同情です。

憐れみのような目とでも例えればいいのでしょうか。

いかにも、かわいそうに、といっているかのような目でちらちらと頭部に視線を合わせるのです。

この時の薄毛被害者の心境は、頭部を見るのやめてくれないかな、という気持ちでいっぱいになります。

誰も好き好んで髪の毛が薄くなってしまったわけではないのです。

気がついたら、抜け毛の進行が止まらなくなって薄毛という状況に至ってしまっているのです。

薄毛で悩んだことがない人に言いたいことは、まずじろじろと人の頭部を眺めるのをやめてほしいということです。

これがどれだけショッキングなことなのか、悩んだことがない人はわからないのです。

少しでも優しい気持ちがあるのなら、放っておいてくれるのが一番ありがたいのです。

M字はげの治療での病院の選び方